私の『もう間食はしない!』が無理なくできるようになった訳。

こんにちは。

ワタクシ先日ふとこんなことを思いました。

悩む.jpg

今までの人生を振り返って・・・

一瞬でも『痩せなくちゃ~』って意識に上ったことって、何度くらいあっただろうか?と。
そしてその思考とそれに伴う行動に費やした時間をトータルすると、いったいどれほどになるのだろう、と。

人生50年生きてきて、これからあとどれくらい生きるかわかりませんが・・・
もうそんなには時間が残されていないことは確かです。

Time is money これからはますます時間を無駄にはできない。

だから私は決めたのです。

もう一瞬たりとも『痩せなくちゃ~』とか『少し太ったからセーブしなくちゃ』とか
そういうことを考えたり、その努力することに時間を無駄に使いたくない!と。


そこで、私が考えついた案が・・・

小食生活。

なぜなら・・・先日偶然『[小食・不食・快食]の時代へ - 「食のとらわれ」から自由になる方法 』という本を読みまして~

この本に、人は食べなくても死なないって書いてあった(笑)

食べる自由もあるし、食べないという自由もある。
しっかり食べることが正しくて、食べないのが体に悪いということもない、のだと。

それまでにも食べなくても生きていける人『食べない人たち (「不食」が人を健康にする)』の存在は知っていましたが
そういう方々はギャル曽根ちゃんのように(いくら食べても体は大丈夫)特異体質の人なのだと思っていました。

でも、先の本を読むと『意識』を変えれば誰にでもできるものとのこと。
私の今までの常識の崩壊が起こって、なんだかフワッ~てしている状態だけれど、だから逆にフワ~っと私の心に入ってきてしまった新常識。

もうダイエットのダの字も考えたくない私には
『太る』なんてありえない不食や超小食~小食という快食という考え方は願ったり叶ったり。

なんか面白そうだし楽しそう。とさえ感じられました。

思い返せば約一年半前、一日一食にするという極端なダイエット方法で理想体重&体型を手に入れた私。
ズボラ主婦の一日一食らくらくダイエットブログ

その間、このような小麦を否定する関連の本『長生きしたけりゃパンは食べるな 』に出会い、主食級の小麦粉製品断ちをしたおかげ、昔のように異常な食欲に支配されることもなくなり、ある程度の意志でウエイトコントロールが出来る人間に生まれ変わりました。

そしてダイエット成功後も、体調面ですこぶる調子の良さを実感した一日一食生活を継続し、1日1食~2食が習慣となりました

が!

同時に間食の中でも比較的太りにくいとされるナッツ、チーズ等の間食というものも習慣に(汗)

ナッツ.jpg

間食の習慣。太らない間食ならいいのかもですが・・・

ただ、私は気づいてしまったのです。

間食をすると少なからず食欲が刺激されるという事実を。

『ナッツを食べると今度はチーズ・・・次はするめ・・・』と、どんどん手が伸びていきます(汗)
しまいには『早く夕食の時間にならないかな~』と夕食が待ち遠しくなり、集中力が切れてしまう。

逆に、間食を一切せずに夕食まで水のみで過ごす時には、食欲から完全に切り離されている状態といいましょうか、食欲という『煩悩』は沸かない。


私の以前の願い『昼食を食べるとその後眠くなってしまうから(実際寝てしまって時間がもったいないから)できれば昼食は食べたくないな~』と思っていた時に、一日一食ダイエットを思いついた偶然と同じように

『間食をしてしまうとその後食欲が沸いてしまうから(実際いろいろ食べたすし、食欲のコントロールに時間をとられる)できれば間食はしたくないな~』と思っていた今日この頃・・・に、先日仕入れた小食生活という考え方が重なった。

神様ってやっぱりいる~!

なぜなら・・・
間食をやめたいという苦行(!?)に意識を向けるのではなく その先の理想としている小食に意識を向けることで、その夕食の量も少なくしたいくらいなのだから、間食なんて全く必要ないもの。。。と意識がすっかり変わりました。


これにより、決してお腹が空いていたわけではなく惰性で食べていた間食をやめられて、ほぼ一日中『食欲』というものから解放されている状態の、

今の私はとても平和です。

意識が変われば行動が変わる。行動が変われば習慣が変わる。 習慣が変われば人格が変わる。人格が変われば運命が変わる。運命が変われば人生が変わる。


片足つっこんでいてなかなか抜けられなかった間食の習慣から脱出させてくれた小食という理想。
もうウエイトコントロールに時間を費やさなくてもよくなりそうな小食という習慣。

今はMEC食⇒肉・卵・チーズで人は生まれ変わるで、卵3個、お肉200g、チーズは・・・せいぜい1個(汗)その代わり好きな野菜を食べていますが
もしこの半分の量でも生きていけるのならば、絶対にそれがいい。←生きるための殺生を半分に減らせる。

一日一食の食事内容を半分にし、一日断食を増やし、そして時々美食を楽しむ。。。これ理想。

ん?これはまさしく『月曜断食 「究極の健康法」でみるみる痩せる!』に似ているではないか。

私、出来るのか!?やれるのか~!?理想の自分になってしまおうか~!?・・・とワクワク、ドキドキ状態で、

もう間食のことなんて意識の彼方です。

ということで、私の場合
悪しき習慣をやめるコツ=それよりも高い理想を持つ。 
でした。

目標は高く持ったほうがいい。理想は高く。とは昔からよく言われますが・・・こうゆうことだったの!?と腑に落ちました。

さらに言うなら、現状の2段階上を目指すと叶いやすいのかも、と。

私の場合 【現状】間食やめたい→【一段階上】間食なしの一日一食だけにしたい→【2段階上】間食なしの一日一食を今よりも少ない量にしたい。

こうすると、意識の中では【現状】はもうすっかり実現済みとして処理されている感があり=実際、現実の世界に現れる。



やっと気づけたこの法則の凄さ。よ~し、他の場面でも使っていこう~


なんだか取りとめもない文章になってしまい、すみません。
最後までお読みいただきありがとうございました。ペコリ

記事一覧

ブログ村に戻る

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ